評判のいい不動産会社を見つけよう|新入生にぴったりの部屋

査定額が決まるまでの流れ

マンション

まずは必要書類の準備を

所有するマンションの売却を考える場合、最初に物件の調査と価格査定を行って実際の資産価値を知る必要があります。このために行う一連の手続きがマンション査定です。マンション査定の流れは、まず査定を受けるために必要な書類を準備します。必要な書類は購入時の売買契約書や重要事項説明書、固定資産税が分かる書類、またローンが存在する場合はその支払残高が分かる書類も必要です。さらに購入時のパンフレットや価格表が残っている場合、これも査定に役立ちます。書類の準備が終わったら、次に実際にマンション査定を不動産仲介会社などに依頼します。査定方法には机上査定と訪問査定の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。机上査定は近隣の公示価格や物件の売り出し価格、成約取引事例などを参考に査定額を算出するため、短期間でマンション査定の結果が出ます。仲介会社には物件の種別や所在地、売却希望時期などを伝えるだけで査定額を聞き出せます。近年ではネット上から机上査定を行えるサービスも増えており、より手軽にマンション査定が行える状況です。一方訪問査定は仲介会社の担当者が実際にマンションに訪問して査定を行うので、より高い精度で査定額を算出できます。査定物件の設備の状態やインフラの整備状況、日当たりなどの環境などを精査して査定額を出します。机上査定を受けた後に訪問査定を受けて媒介契約を結ぶケースが多く、訪問査定でも査定額に不満がある場合、今度は別の仲介会社に査定を依頼するのもマンション査定ではよくある流れです。